information

助成金について 2016.07.01

高知市中心市街地 住宅等リフォーム助成事業(まちなかリフォーム助成)

補助対象者 ・ 補助対象建物

次の要件をすべて満たす方が対象です。

  • 平成27年4月1日以前から引き続き高知市内に住民票の記載がある方
  • 対象住宅の所有者。ただし,当該所有者と親子関係にある者等市長が 特に必要と認める場合については,この限りではありません。
  • 高知市税を滞納していない方 次の要件をすべて満たす建物が対象です。
  • 補助対象者が旧中心市街地活性化区域内に所有する建物(ただし,自己の居住する住戸を除く。)
  • 昭和56年6月以降に着工された建物(ただし,昭和56年5月31日以前に着工された建物でも,耐震改修工事を行っている場合は対象)

 

補助金額

補助対象経費(消費税含む)の30%(上限30万円/戸)
※一戸建住宅以外は,一所有者2戸までとします。

 

補助対象工事

次の要件をすべて満たす工事が対象です。

  • 既存の住宅(共同住宅を含む)をリフォームするもの
  • 店舗や雑居ビル内の既存の住戸をリフォームするもの
  • オフィスビルなどをリフォームして一部を住宅に転用するもの。(改修後の住宅部分の面積が40平方メートル以上となるものに限る)※いずれの場合も,居住部分(改修後に当該用途となる部分を含む)に係る工事のみが対象です。
  • 市内に本店を有する法人又は市内に住所を有する個人の施工業者が行う工事
  • 補助金の交付決定日以降に着手し,平成29年2月28日(火曜日)までに完了
  • 工事費用の支払いを実績報告までに終える工事
  • 一戸あたりの工事費用が30万円以上(消費税を含む)で,次の(1)から(6)のいずれかに該当する工事

 

  1. 修繕・補修・模様替え・増築(10平方メートル以下)の工事 例:内装の張替え・塗装・修繕・補修工事,畳表替え,ふすま・障子の張替え,タイル等の張替え工事,間取りの変更にかかる工事等 ※ 準防火地域においては,10平方メートル以下の増築であっても,建築確認申請が必要です。
  2. 住宅の耐久性を高める工事 例:屋根や外壁等の張替え・塗装・修繕・補修工事,屋根の防水・ふき替え工事等
  3. 住宅の安全上または防災上必要な工事 例:バリアフリー化工事,防火・耐火工事,補強工事
  4. 住宅の居住性を良好にするための工事 例:システムキッチン工事,床暖房工事,断熱工事,防音工事等
  5. 住宅の衛生上必要な工事 例:ユニットバス・洗面台の設置工事,トイレの改善工事等
  6. その他 例:建物と一体となる家具工事等